泣き出した女性客、すり抜けて降りた男 バス運転手は痴漢を追った - 事件・事故掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


NO.10030786
泣き出した女性客、すり抜けて降りた男 バス運転手は痴漢を追った
泣き出した女性客、すり抜けて降りた男 バス運転手は痴漢を追った
バスの運転手が、痴漢の容疑者の現行犯逮捕に貢献した。ひとごとを装いバスを降りた男を運転席から降りて追いかけた。愛知県警守山署は1日、感謝状を贈った。

感謝状を受け取ったのは名鉄バス運転手の古賀辰徳さん(25)=長久手市。

古賀さんは11月19日午後4時すぎ、ゆとりーとライン(大曽根―高蔵寺)を運転していた。夕闇が迫り、車内は席に座れない客が出始める混雑具合。名古屋市守山区内のあるバス停に到着したときだった。

「さわられました」。前方の出口から降りる際、女性(18)が古賀さんに話しかけてきた。事情を聴いている途中、1人の男が女性の背後をすり抜けるように降りていった。

「あいつです」と女性が男を指さした。古賀さんは「事実を確認しなければ」とバスを降りた。痴漢被害は事実だと思った。話すうち、女性がだんだんと泣き出したからだ。

男は素知らぬふりで歩いていく。バス停の数メートル先で、古賀さんは男に立ちふさがった。「お客さまから接触されたと申告があった」「ちょっと当たっただけだ」。押し問答だったが、パトロール中の守山署員が通りかかり、その場を引き継いだ。

守山署は、この会社員の男(65)=守山区=を強制わいせつ容疑で現行犯逮捕した。容疑はバスで隣の席に座っていた女性の体を触ったというもの。逮捕時に男は「女性の反応が見たかった」と容疑を認めていたという。

古賀さんは運転手になって4年目。痴漢被害の申告を受けたのは初めてだった。女性は最後までおびえた様子だったという。「痴漢は本当に許せない行為。被害に遭った方は気の毒だ。地域住民のため、これから..
【日時】2021年12月01日 18:17
【ソース】朝日新聞デジタル